文字サイズ

INGREDIENTS

ナノ乳酸菌(ナノ型乳酸菌)

ナノ乳酸菌(ナノ型乳酸菌)

当社の製品に配合されているナノ型乳酸菌は、腸内菌のエンテロコッカスフェカリス菌になります。(以下、フェカリス菌)
このフェカリス菌は、もともと人の体内に存在している常在菌で、他の乳酸菌の働きを助ける力を持っている乳酸菌です。
その大きな特徴が、死菌でも乳酸菌の働きを助ける力を発揮するということです。
乳酸菌は通常生きたまま腸に届かないと意味が無いと思われている方も多いかと思いますが、このフェカリス菌は熱処理などを行って菌が死んでしまった後でも効果を発揮します。その為、殺菌などをした後に安全に摂ることができる乳酸菌なのです。
さらに菌を熱処理した後の方が、乳酸菌を助ける効果が高いと言われています。

ナノ化を行っていない乳酸菌は乳酸菌同士がくっついて、大きな塊になってしまうため、体内に吸収されにくい弱点があったのですが、この特許技術ではバラバラの状態で、さらに乳酸菌のサイズを1μm以下にすることで腸管にて非常に吸収されやすくなりました。

ヨーグルト10Kgに約1兆個の乳酸菌が含まれているとされています。20兆個でヨーグルト約200kg換算となり、さらにナノ型乳酸菌は吸収効率を考慮すると約4倍の乳酸菌の数の作用が期待できます。